2015年06月15日

スペシャルなうなぎパイ

浜松の土産といって最初に思い浮かぶのがうなぎパイ。1961(昭和36)年に発売されロングラン人気を誇る銘菓です。
IMG_6571.jpg
東海道新幹線の中でも静岡県内の駅でもよく見かけるうなぎパイは春華堂のオリジナル菓子で、バターはとくに厳選し、砂糖はお菓子に合わせ特別精製した粒子の大きいグラニュー糖を使うなどこだわり原料に、うなぎエキス、ガーリックなどの調味料をブレンドした銘菓です。

誕生から変わらずに職人が手作りしていて、何千もの層になったパイはサクサクとした食感がたまりません。
二代目社長で「うなぎパイ」発案者の山崎幸一さんが浜松というと、「鰻で有名な」といわれたことから、その鰻をテーマにしたお菓子をと考案しました。




うなぎパイのキャッチフレーズを知る人も多いと思いますがそれは「夜のお菓子」。「家族の団らんのひとときをうなぎパイとともに過ごして欲しい」という思いからつけられたものなのです。

そのうなぎパイにスペシャルなうなぎパイ「真夜中のお菓子・うなぎパイV.S.O.P.」があるのをご存じですか。高級ブランデーの芳潤な香りとナッツの王様マカダミアの風味を包み込み、うなぎパイの頂点を極めた最高級うなぎパイです。元祖を超える最上級のうなぎパイとして誕生しました。
IMG_6573.jpg


真夜中のお菓子・うなぎパイV.S.O.P.は
春華堂神田売店(本社に併設)、佐鳴湖パークタウン店、うなぎパイファクトリーなどで販売しています。

「うなぎパイファクトリー」は見学も可能で製造工程を見ることもできます。
工場直売店ではうなぎパイをはじめ、春華堂の和菓子や洋菓子などを販売しています。

また、2015年7月25日に「うなぎパイカフェ」がリニューアルオープンの予定で、「うなぎパイのミルフィーユ仕立て」や「4種のうなぎパイ&メルティングショコラ」などオリジナルのデザートが味わえます。

「うなぎパイ」を楽天で購入する方はこちら(価格が安い順)

posted by シマウマ-クラブ at 16:31| 静岡のおすすめ