2012年09月21日

静岡県にもあった「塩の道」(1)塩の道の起点は相良町

「塩の道」というと、千国街道(糸魚川〜大町〜松本〜塩尻)、三州街道(矢作川の舟運〜豊田〜足助〜飯田〜塩尻)が有名。さらにもうひとつの塩の道が現在の静岡県牧之原市相良を起点とし、飯田で三州街道(中馬街道)と合流する、秋葉街道です。
江戸時代、秋葉山の信仰が盛んになるにつれ、参詣の道ともなりましたが、当初は相良周辺で産する塩を伊那谷や諏訪に運ぶ道だったのです。

01相良海岸.jpg
かつては塩田のあった相良海岸。戦時中は製塩に学徒動員が行なわれたほど盛んだったという

実は、このルート、中央構造線の谷を上手に利用して南北を結んでいるのです。信州・諏訪谷から遠州・水窪まで中央構造線沿いに南下し、そこから光明断層(遠山−赤石裂線)と並行に遠州・森へ至り、さらに相良まで達しています。
日本海からの塩を運んだ千国街道も中央構造線沿いですから、中央構造線は古代から海と内陸部を繋ぐ幹線ルートだったのでしょう。

その中間点が塩尻。まさに塩の道の尻(終点)だったわけです。
しかも藩政時代には塩尻に松本藩の塩留番所が置かれ、日本海産の塩は塩尻以北(北塩)、太平洋産(遠州・三河産)の塩は塩尻以南(南塩)でしか流通できなかったのです。

つまり、日本海(新潟県糸魚川市)−北・中央・南アルプス山麓−太平洋(静岡県牧之原市:旧相良町)をつなぐ350kmの塩の道は、北塩ルート120kmと南塩ルート230kmに分けられることになります。いずれにしろ、この道は、日本で最長最古の塩の道ルートになっています。
さて、そんな南塩ルート230kmの起点は、旧相良城下にあります。

02起点.jpg


大きい地図・ルート検索  ( powered by ゼンリン地図 いつもNAVI )

塩の道(秋葉街道)の起点は、牧之原市波津大原(相良市街の中心地=飯津佐和乃神社の御旅所)。南東にある相良史料館はかつて相良城の本丸があった場所です。起点といっても残念ながらモニュメントと新しい秋葉山常夜灯が設置されているにすぎません。道路も拡幅され、往時の面影は残されていません。

100mほど西に歩くと、小田宮神社(園村に郷川から農業用水を引いた郷土の義人・紅林次郎右衛門を祀る)のところに塩の道相良案内所があります。しかし中に入っても神社の由来のパンフが置いてあるだけで、何の案内もありません。

03塩の道案内所.jpg



posted by シマウマ-クラブ at 17:33| 静岡のおすすめ