2013年06月18日

福岡・長浜鮮魚市場の市民感謝デーはすごいゾ!

暑い日が続いますが、皆さんお元気ですか? さて今回は、7月から始まる博多祇園山笠で博多っ子もソワソワ状態の福岡。

表題の長浜鮮魚市場とは、博多漁港に面した福岡市中央卸売市場の鮮魚部門のことで、長浜3丁目に作られた埋め立て地にあるので「長浜鮮魚市場」と呼ばれています。通常一般ピープルは、隣の13階建ての市場会館にしか立ち寄る機会がないわけですが(見学用通路から卸売市場でのセリの様子は見学可能)、やっぱり一度は卸売市場の内部に潜入してみたいですよね。

市場会館.jpg


そんなあなたに朗報。毎月第2土曜の午前中、9:00から12:00に「市民感謝デー」と称して、仲卸売場棟の一般開放が行なわれているのです。これ、すごいんです、毎月1万人もの人を集めているビッグイベントなんです。素人さんでも箱買い当たり前なんです。だって、下の写真を見て下さい。リュックにお買い物カートを持って出かけている人多数です。どう見たって本気買いでしょ。

市場棟の入口では宅配サービスも行なわれ、保冷バックや発泡容器も販売(氷は無料)。これならたとえ旅行者でも、その後の予定を気にせずに、思う存分買い物ができますね。

長浜鮮魚市場市民感謝デー2.jpg


にしてもすごいですね。地元の福岡だけでなく、長崎五島ものとか大分産とかも結構目立ちます。大消費地だし、少しでも高く売れる場所で水揚げした方がいいから、近海もののみならず九州一円の魚が集まってきます。産地市場としては金額ベースでダントツの日本一ですから。買わなくても見るだけでも価値ありデス。魚の見本市みたいなものなので。

とはいえ、天然ものとか釣りモノはそんなにお安くはないです。当たり前ですが。でもブランド的なものでなければお買い得品はいっぱいあります。もちろん天然ものだって市価よりは割安。

長浜鮮魚市場市民感謝デー1.jpg


それにマグロの解体ショー&即売(9:30から)や、卸売市場のスタッフさんが懇切丁寧にコツを教える「お魚のさばき方実演」(10:00から、受付は9:30頃から)などもあり、こちらもなかなかの人気。皆さん真剣そのものなのです。

ということで、この日は市場全体が魚のアミューズメントパーク状態!! とにかく魚好きならワクワクすること間違いなしです。

長浜鮮魚市場市民感謝デー3.jpg


で、結構普段は市場会館の駐車場も収容力があるので余裕なのですが、この日ばかりは特別。9:00なんかにノコノコ行ってたらおとといおいで、って感じ。8:00でもあやうい場合があります(200台収容。市民感謝デーの日は7:00から12:00まで無料、その後30分毎に100円。周辺に有料駐車場あり)。

ということで、車利用の場合はなるべく早めに行って、まずは駐車場の確保が得策デス。(つづく)


posted by シマウマ-クラブ at 10:15| 九州のおすすめ