2013年10月16日

白馬の三段紅葉と栂池自然園 その1 麓から眺める八方尾根

白馬周辺のトレッキングで抜群の人気を誇る、八方尾根栂池自然園。とくに八方池から白馬三山の見事な眺望が楽しめるのが、八方尾根自然研究路。八方アルペンラインを乗り継ぎ、一気に標高1820mの八方池山荘(第1ケルン)に到達可能。しかもここから第2ケルン、八方ケルン、第3ケルンのある八方池までは、なんと片道1時間。雪を残した白馬三山の視界が広がるため、スイスのグリンデルワルドなど、ヨーロッパアルプス顔負けのアルペンムードが堪能できます。

黒菱平から見た八方.jpg

黒菱平・鎌池湿原から見た白馬三山


しかし現在紅葉の見頃は、白馬三山を望む標高1680mの黒菱平・鎌池湿原から、ゴンドラリフト終点・標高1400mの兎平あたりまで。山頂は冬の装いなので、登山する際の装備はしっかりと。

山頂には10月13日に冠雪もあったので、今後紅葉の進み具合によっては、麓近くの宿に滞在し、白馬特有の「三段紅葉」(山頂の雪、紅葉の赤、麓の緑)のシャッターチャンスを狙う、または黒菱林道(黒菱展望道路)あたりをドライブ、というのも手(ただし1.5車線幅で、カーブの連続なので対向車には注意)。

ハイジホフ前から白馬三山冠雪.jpg

シャレーホテル ハイジ・ホフから見た冠雪の白馬三山(毛谷村さん撮影)


そこでおすすめは、シャレーホテル ハイジ・ホフ白馬ジャンプ競技台や八方尾根を眼前に望む絶好の宿で、ご主人の毛谷村さんいわく、八方池のピークが過ぎ、スキーシーズン前で静かなこの時期「スケッチや写真撮影の目的地にする人も多いですよ」とのこと。

また上の写真は、冠雪があった13日早朝に毛谷村さんが撮影したものですが「今回の冠雪はアルプス一面とはいかず、白馬三山と唐松ぐらいまで。今年は例年より気温が高いようなので、きれいな三段紅葉までは、あともう少し気温が下がってくれないと」とも。(注:10月17日には五竜岳も初冠雪。下に毛谷村さん撮影分の写真を追加しています)

下の写真でもおわかりのように、常連から「絶景ホテル」と呼ばれるロケーションはもちろん、とにかく居心地が抜群!! ずっと宿のテラスに座ってアルプスの山々を眺めていたいほど。深まりゆく秋の1日、連休後の静寂を求め、あえてノープランで白馬に向かい、初日は宿にゆっくり滞在。ちょうど新そばの季節でもありますし、地元に精通する毛谷村さんに周辺の穴場スポットなどを教えてもらうのもいいでしょう。

ハイジ・ホフ.jpg

春にはまるでチロルのような雰囲気となるシャレーホテルハイジ・ホフ

ハイジホフから見た白馬山の冠雪.jpg

五竜岳の初冠雪.jpg

10月17日朝、毛谷村さんから届いた白馬冠雪の風景。本日は五竜岳まで冠雪したとのこと(毛谷村さん撮影)



posted by シマウマ-クラブ at 08:55| 白馬のおすすめ