2013年11月19日

長岡市の越路もみじ園が見頃!

長岡越路もみじ園2.jpg

ヤマモミジやイロハカエデなど約240本が紅葉する、越路もみじ園

今朝のNHKおはよう日本の中継で、新潟県長岡市郊外の越路・来迎寺地区にあるもみじ園の映像が映っていました。ここはもともと来迎寺村(現在は長岡市)の大地主・高橋家の別荘として建てられたもの。

約4000平方メートルの敷地には、巴ヶ丘山荘を中心に、丘陵地形を利用した庭、蔵や灯籠などが配され、素朴な雰囲気を醸し出しています。

長岡越路もみじ園3.jpg


庭園全体の造りは簡素ながら、京都から庭師を呼び寄せて造られたもの。市街を見下ろす小高い丘に建ち、まさに山荘の名にふさわしい自然の趣といえます。

特筆すべきは、山荘の周りに植えられた色とりどりのモミジやカエデ。なかには樹齢150年を越える大木もあり、春にはヤマザクラやツツジも咲き誇ります。

長岡越路もみじ園4.jpg


2013年11月23日(土曜、祝日)までは日没から21:00までライトアップも行なわれており、休日の昼間には長岡名物の赤飯(実体は醤油おこわw)やみそ汁、大判焼きなどの出店、またもみじ園の裏手に建つ朝日酒造の地酒や甘酒も販売されていました。

朝日酒造は、酒どころ新潟を代表する銘酒・久保田や越州の醸造元! 工場に隣接し、オリジナル商品を販売する「酒楽の里 あさひ山」、地粉を使った手打ちそばや酒粕や地物の野菜などを用いた酒蔵料理が味わえる食事処「あさひ山 蛍庵」もオープン。

モミジはやや散り始めていますが、11月23日(土曜、祝日)には、朝日酒造のエントランスホールでコンサートも行なわれるので、ライトアップとあわせてぜひ。

長岡越路もみじ園1.jpg



posted by シマウマ-クラブ at 08:54| 新潟のおすすめ