2013年11月30日

駿河湾の桜えび漁は年2回! 由比・倉沢屋で昼食を

駿河からの富士山ビューを思う存分堪能したら、楽しみは食事。駿河は桜えび漁で有名ですが、光を嫌って昼は深海に棲息し、夜だけ餌を食べに浮上する桜えびにとって、駿河湾は理想的な環境。しかも桜えびの競りが立つのは、由比港と大井川港のみ。

そんな由比港で揚がった桜えびを、さまざまな調理法で味わうことができるのが、由比駅から薩埵峠への旧東海道沿いにある倉沢屋

桜えび漁の解禁時期は、3月中旬〜6月初旬と10月下旬〜12月下旬の年2回。ちょうど今が、秋漁の真っ最中。その日の朝、主人が由比の市場で買い付けた新鮮な桜えびを味わえるのです。

桜えびそのものの味を楽しむなら、当然、生桜えび630円がおすすめ。プチンとはじける歯触りで、ほのかな甘味が口いっぱいに広がります。生の桜えびが味わえるのも、由比漁港に近い倉沢屋ならでは。桜えびをふんだんに使ったかき揚げ840円は、すだちをかけて味わいます。

由比倉沢屋桜えびづくし.jpg

倉沢屋の桜えびづくし


ほかには、釜揚げ630円、酢の物630円、桜えび饅頭630円など、桜えび料理のフルコースが楽しめます。桜えび料理は単品での注文も可能ですが、2名以上なら上記のものがセットになった「桜えびづくし」4200円がお得。

ちなみに由比港では、来年1月15日まではしらす漁も解禁されています。生しらすは、桜えびのプチプチ感とは異なり、とろっとろ。こちらもヤミつきになる味。

しかし生しらすといったら、なんといっても静岡市の用宗港がおすすめ。もしも時間に余裕があれば、由比からはちょっと離れますが、用宗港の漁協直売所ものぞいてみては。入荷状況にもよりますが、鮮度抜群の生しらすと釜揚げしらすが手に入ると思われます。



■旅のプロがすすめる関連記事
山梨からの富士山も素敵だが、「海道一の絶景」もすごいんです!
静岡県富士市・岩本山公園からの富士山もあっぱれ!
「海道一」VS「日本一」
posted by シマウマ-クラブ at 17:00| 静岡のおすすめ