2013年10月21日

磐梯山ゴールドライン、磐梯吾妻レークラインと五色沼の紅葉

磐梯山の北側の桧原湖、秋元湖、小野川湖、五色沼など300余りの湖沼のある磐梯高原。ドライブプランとしては磐越自動車道の磐梯河東ICを起点に、磐梯山ゴールドライン桧原湖へ。五色沼の探勝などを楽しんだ後に、磐梯吾妻レークラインを走るというプランがおすすめです。

磐梯山ゴールドラインの紅葉.jpg

磐梯山ゴールドラインの紅葉


磐梯高原の人気ナンバーワンの地・五色沼は、正式には五色沼湖沼群といい、毘沙門沼、赤沼、みどろ沼、弁天沼、瑠璃沼、青沼などの沼で構成。ブルーを基調とした五色沼の色は、アルミニウムや珪酸を含む粘土鉱物・アロフェンの影響。藻、プランクトン、太陽光などの影響を受けて様々に変化するのが、五色沼という名の由来。

裏磐梯ビジターセンターを起点に全長3.6km、所要1時間10分の五色沼自然探勝路もあるので、散策には最適。全コースを歩く場合は、裏磐梯高原駅を起点に、路線バスまたはタクシーで戻ることになります。青沼だけ探勝する場合は、磐梯高原入口駐車場に車を入れれば、10分ほどで到達可能です。

また磐梯吾妻レークラインには、檜原湖、小野川湖、秋元湖の「裏磐梯三湖」を一望にする「三湖パラダイス」のほか、その先の中津川渓谷は、カメラマンに人気の紅葉絶景ポイント。標高差があるので、一気に見頃とはならず、標高770mのこのあたりと五色沼周辺は、ようやく紅葉が始まったところ。見頃は週末から週明けと思われます。

さらに時間が許せば、山頂の浄土平は既に落葉していますが、まだ紅葉の箇所が残る磐梯吾妻スカイラインを通って、2013年7月25日から恒久的無料開放化された3つの観光道路を制覇、というのもおすすめ。あるいは米沢側に抜ける西吾妻スカイバレーを利用するのも手。ただし、これらの観光道路は11月15日(月)以降、冬期閉鎖となるのでご注意を。

磐梯吾妻レークラインの紅葉.jpg

磐梯吾妻レークライン中津川橋の紅葉



旅のプロがすすめる宿は「休暇村裏磐梯」
楽天トラベルで予約をするならコチラ
icon
Yahoo!トラベルで予約をするならコチラ
じゃらんnetで予約をするならコチラ
icon




■旅のプロがすすめる関連記事
福島・中通りから南会津(1) 磐梯吾妻スカイラインの紅葉はもうすぐ!
福島・中通りから南会津(2) こけしの里土湯温泉とはるみや旅館
福島・中通りから南会津(3) 女性にうれしい豪快露天、新野地温泉 相模屋旅館
山形県米沢市・西吾妻スカイバレーの紅葉が見頃&米沢牛まつり!
posted by シマウマ-クラブ at 08:00| 福島のおすすめ

2013年09月30日

福島・中通りから南会津(7) 塔のへつりと福島みやげ

小走りにせわしなく回った大内宿を後に、日本で唯一の茅葺き駅舎・会津鉄道湯野上温泉駅にも寄らず、渓谷のなかの回廊「塔のへつり」へ。

塔のへつり吊り橋.jpg


大川沿いに奇岩・怪石が連続する、全長200m、高さ50mほどの凝灰岩の段丘崖(がい)は、圧巻。国の天然記念物にも指定されており、2013年はその指定から70周年にあたります。これからの季節は、紅葉の渓谷美も待ち遠しい(見頃は、例年10月下旬から11月上旬にかけて)。

「へつり」とは、この地方で使われる方言で、切り立った崖の路の意味。また登山用語でへつるとは、水際の岸壁をへばりつくようにして横に進むこと。文字通り岩壁の中腹には、渓流によってえぐられた回廊ができており、展望台を下って藤見橋(吊り橋)で対岸に渡れば、烏帽子岩、護摩塔岩、九輪塔岩など、奇岩が連なる舞台状の岩の一部を歩くことが可能です。

塔のへつり吊り橋から見た景色.jpg


本当はこの後、日本一のそば畑といわれる「猿楽台地」にも足をのばそうと目論んでいたのですが、台風の影響でそばの花がなぎ倒されてしまったということで断念。猪苗代や磐梯周辺でも結構な割合でそば畑を目にしたので、まあよしとするか。しかしあと少し早ければ、もう1軒温泉にすべり込めたのに……。

ただ早めに帰宅できたので、夕食には猪苗代の「中原直売所アキ子の店」で購入した、キノコを使ったキノコ鍋を作る時間ができました。これ長野風らしいのですが、豚肉となすに加え、写真ではあまり見えないようですが、実は大量のみょうが入っています(ついでに鶏だんごも投入)。不思議な組み合わせのようですが、このみょうがとなすと豚が、意外にも雑キノコとよく合うんです。

デザートは、土湯の温泉街で見つけた森山の玉子プリン。ちなみに塔のへつりの吊り橋近くのみやげもの屋でハブ酒を買おうとした人がいましたが止めました(^_^;

中原直売所アキ子の店姫松茸.jpg

豚肉きのこ鍋.jpg

土湯温泉森山の温泉玉子.jpg


旅のプロがすすめる宿は
芦ノ牧温泉大川荘
楽天トラベルで予約をするならコチラ
icon
一休.comで予約をするならコチラ

会津アストリアホテル
楽天トラベルで予約をするならコチラ
icon
じゃらんnetで予約をするならコチラ
icon

会津高原ホテル
楽天トラベルで予約をするならコチラ
icon
じゃらんnetで予約をするならコチラ
icon


icon



■旅のプロがすすめる関連記事
福島・中通りから南会津(1) 磐梯吾妻スカイラインの紅葉はもうすぐ!
福島・中通りから南会津(2) こけしの里土湯温泉とはるみや旅館
福島・中通りから南会津(3) 女性にうれしい豪快露天、新野地温泉 相模屋旅館
福島・中通りから南会津(4) 国道115号沿いにわらわらとある猪苗代町の直売所
福島・中通りから南会津(5) 県道7号にある素敵な磐梯山眺望箇所
福島・中通りから南会津(6) 茅葺きの大内宿と三澤屋の高遠そば
posted by シマウマ-クラブ at 10:00| 福島のおすすめ

2013年09月27日

福島・中通りから南会津(6) 茅葺きの大内宿と三澤屋の高遠そば

大内宿全景.jpg


黄金色の田んぼと磐梯山という絶景に満足し、急ぎ大内宿へ。本来ならば会津若松に寄りたいところではありますが、あと半日もない。

大内宿は、会津若松と日光今市を結ぶ、会津西街道(日光街道、南山通り、下野街道とも)32里=約132kmの宿場町。今も45戸の茅葺き民家が400mにわたって宿場町を形成し、国の重要伝統的建造物群保存地区に指定されています。

大型駐車場に車を停め、メインストリートに出ると忽然と現れる茅葺きの家並み。道の両脇に水路も整えられています。あまりに整然とした姿はややテーマパーク的に感じられるものの、この街並みを保ち続けてこられた努力には敬意を表します。何しろ今では茅葺き屋根を維持するだけでも困難な時代ですから。

大内宿メインストリート.jpg

大内宿.jpg


そんな世にも貴重な宿場町・大内宿のある下郷町は、そばの産地でもあり、地粉を使って打つそばが名物のひとつ。なかでも宿場入口で、ひときわ大きな茅葺き屋根が目を引くそば屋が、三澤屋。囲炉裏が切られた高い梁天井の古民家で「高遠(たかとお)そば」を提供しています。

しかし、会津なのに信州高遠とはこれいかに。もとは3代将軍徳川家光の異母弟、会津松平家初代の保科正之(ほしなまさゆき)が、高遠藩から転封した際に伝わったとされるそばつゆ文化で、そもそもは高遠の山間部で伝統的に食されていた、焼き味噌に辛み大根のおろし汁を加えて味わう「辛つゆ」がルーツとか。

会津ではしょうゆベースの麺つゆが一般的で、これに大根おろしをのせた「大根おろしそば」を俗に「高遠そば」と呼びますが、長ネギを丸ごと1本添え、これを箸代わりに、また薬味としてかじりながら味わうのが特徴で、「ネギそば」の別名も。

辛味が苦手という方は、けんちんそばもおすすめ。ほかに、岩魚や鮎の塩焼き、山菜の天ぷら(春限定)、「こづゆ」やにしんの山椒漬けなど、会津地方の郷土料理も味わえます。

三澤屋外観.jpg

三澤屋鰊山椒.jpg

三澤屋高遠そば.jpg


旅のプロがすすめる大内宿・会津高原の宿
会津アストリアホテル
楽天トラベルで予約をするならコチラ
icon
じゃらんnetで予約をするならコチラ
icon

会津高原ホテル
楽天トラベルで予約をするならコチラ
icon
じゃらんnetで予約をするならコチラ
icon




■旅のプロがすすめる関連記事
福島・中通りから南会津(1) 磐梯吾妻スカイラインの紅葉はもうすぐ!
福島・中通りから南会津(2) こけしの里土湯温泉とはるみや旅館
福島・中通りから南会津(3) 女性にうれしい豪快露天、新野地温泉 相模屋旅館
福島・中通りから南会津(4) 国道115号沿いにわらわらとある猪苗代町の直売所
福島・中通りから南会津(5) 県道7号にある素敵な磐梯山眺望箇所
posted by シマウマ-クラブ at 16:58| 福島のおすすめ

2013年09月26日

福島・中通りから南会津(5) 県道7号沿いの素敵な磐梯山眺望箇所

国道115号沿いのおもろい直売所を後に、猪苗代町を会津・磐梯(ばんだい)方面へ。うーん、この磐梯山と黄金色の稲穂を、なんとか写真に収めるすべはないか。今の時期しかないのに……。

と内心焦りながらも、口には出せない小心者。自分でタイトな予定を組んでおきながら、何を今さらと怒りを買うのは必定。ああ、なんでこんなてんこ盛りの日程にしたんだろう(って、いつものことですが(¨;)

磐梯山眺望箇所看板.jpg

磐梯山眺望箇所と稲穂.jpg


半ばあきらめムードでいたら、救世主現る! 県道7号に差しかかると、突然ドカンとこの眺め。「磐梯山眺望箇所」の看板があるビュースポットで、見ると路肩に数台分の駐車スペースがあります。後生ですから停めて下され!! と、思わず叫ぶぢぶん。

ふと猪苗代湖方面に目をやると、偶然にも白い花を咲かせたそば畑が! そして田んぼの向こうには、なんと磐越西線の電車も通りがかっており、ラッキー。すぐ先に磐越西線の無人駅、翁島駅があるようで、なにげに鉄チャンにもおすすめのビューポイントか。もう田んぼは稲刈りのシーズンでしょうが、それもまたそれで風情があるはず。

磐越西線翁島近くのそば畑.jpg





リッチに泊まりたいならホテルリステル猪苗代ウイングタワー
楽天トラベルで予約をするならコチラ
icon
じゃらんnetで予約をするならコチラ
icon



■旅のプロがすすめる関連記事
福島・中通りから南会津(1) 磐梯吾妻スカイラインの紅葉はもうすぐ!
福島・中通りから南会津(2) こけしの里土湯温泉とはるみや旅館
福島・中通りから南会津(3) 女性にうれしい豪快露天、新野地温泉 相模屋旅館
福島・中通りから南会津(4) 国道115号沿いにわらわらとある猪苗代町の直売所
posted by シマウマ-クラブ at 10:00| 福島のおすすめ

2013年09月25日

福島・中通りから南会津(4) 国道115号沿いにわらわらとある猪苗代町の直売所

高森地区直売所.jpg


土湯峠から県道30号で下る途中、磐梯山が顔を覗かせます。ここも紅葉シーズンはさぞかしキレイだろうなぁ、と物思いにふけりながら猪苗代町に入り国道115号と合流。しばらくすると、なにやら左の側道に車がずらりと停まっているのが見えます。なんじゃこりゃ。

国道沿いに簡素な小屋建ての店が、細切れに点々と。どうやら何かの直売所のようです。そこにわらわらと人が集まっており、思わず停車。うん、惹かれるわ、ここ。

直売とみこ.jpg


まず面白いのが、屋号というかその看板。「直売とみこ」やら「中原直売所アキ子の店」などと名付けられており、露天感満載。店の前に並べられた木の棚には、大根、白菜、キャベツといった地物の高原野菜、福島名産の梨や桃など旬の果物が、どーんと広げられております。まるで青空市。

今の季節はサクラシメジなど、天然もののキノコがイチオシのようですが、県内でとれる野生のキノコは、まだ出荷制限がかかっている地域もあり、山形など県外産のものが中心となっていました。ご苦労がしのばれますが、帰宅後速攻でキノコ鍋を作り、おいしくいただきました!

キッチン付で調理も可能な宿「ホテルリステル猪苗代本館コンドミニアム」
楽天トラベルで予約をするならコチラ
icon

直売とみこ会津高原野菜.jpg

高森直売所栗舞茸.jpg

中原直売アキ子の店きのこ.jpg


なかには、まむしの皮などを販売する、いかにも健康精力系? に注力しているとおぼしき店もアリ、いやはやなんとも。買う人いるんかいな、と思っていたら、買ってる人がw

いわゆるイマドキの作り込まれた小ぎれいな直売所感がない。なんともいえないユルさと、全体的にお客さんの年齢層がとても高い印象。

また傍らには、「まんさく農園食堂」という、キノコや山菜を使った炊き込みご飯やそば・うどん、川魚などが味わえる店もあり、なかなかの人気っぷり。ずらりと車が並んでいました。

まんさく農園食堂.jpg






リッチに泊まりたいならホテルリステル猪苗代ウイングタワー
楽天トラベルで予約をするならコチラ
icon
じゃらんnetで予約をするならコチラ
icon



■旅のプロがすすめる関連記事
福島・中通りから南会津(1) 磐梯吾妻スカイラインの紅葉はもうすぐ!
福島・中通りから南会津(2) こけしの里土湯温泉とはるみや旅館
福島・中通りから南会津(3) 女性にうれしい豪快露天、新野地温泉 相模屋旅館
posted by シマウマ-クラブ at 13:45| 福島のおすすめ

2013年09月24日

福島・中通りから南会津(3) 女性にうれしい豪快露天、新野地温泉 相模屋旅館

新野地温泉バス停前.jpg


ヘアピンカーブが連続し、左右に絶景が展開する山岳ルートの磐梯(ばんだい)吾妻スカイライン。一帯は今も現役の活火山であり、高湯温泉から土湯峠を結ぶ沿線は、その恩恵を受けた温泉の宝庫でもあります。

北側の入口にあたる高湯温泉をはじめ、吾妻小富士の中腹に位置する秘湯・微温湯(ぬるゆ)温泉も捨てがたいのですが、とくに南の終点にあたる標高1200mの土湯峠一帯は、幕川温泉、赤湯温泉、鷲倉温泉、新野地温泉、野地温泉と、秘湯の密集地帯。それぞれ泉質が異なる計6軒の一軒宿を総称し、「土湯峠温泉郷」と呼んでいます。

いずれも日帰り入浴が可能ですが、今回はそのなかの一軒、県道30号沿いにある新野地温泉「相模屋旅館」へ。本館2階の男女別檜風呂(女性用には露天風呂を併設)と、別棟の湯小屋に男女別内風呂、山の斜面に設けられた男女別の野天風呂があり、10:00から15:00の間なら、500円で入浴可能です。

新野地温泉「相模屋旅館」JTBで予約をするならコチラ

新野地温泉相模屋.jpg

相模屋旅館露天と噴気.jpg

新野地温泉相模屋露天女湯.jpg


建物が近代的なので、すぐに秘湯感はわいてきませんが、母屋から続く渡り廊下を延々と下ると、別棟の湯小屋に到着。ここに男女別内湯、屋外にはススキや木々が生い茂る野山の山肌に木道が設けられており、立木で目隠しされた素朴な男女別の野天風呂が、上下に点在(写真中)。ご覧の通り、実にワイルド。

とくに男性用野天よりも一段上の高台、山の斜面に位置する女性専用の野天風呂(写真下)は、湯船に浸かると硫黄の噴気がもうもうと立ち上るさまを目の当たりにし、豪快そのもの。つまり、この宿いちばんの特等席が女性用野天、というわけです。

これは秘湯の露天風呂といえば混浴率が高いなか、女性にとってはありがたい配慮。気兼ねなくこの大胆なロケーションを満喫できるという点で、ポイント高しです。

新野地温泉相模屋2階女湯.jpg

新野地温泉相模屋2階露天.jpg


ちなみに上の写真は、本館2階にある男女別内風呂(上の写真は女湯)と、そこに併設された女性専用の露天風呂。ともに野趣満点ですが、10:00きっかりでまだ湯を張っている途中(¨;)

なお、宿周辺はブナの原生林に囲まれており、この相模屋旅館と野地温泉ホテルの背後を結ぶ自然歩道「ブナッ子路」(所要1時間30分)も整備。両宿ともに安達太良山の登山口も兼ねており、登山基地にも絶好。時間に余裕があれば手軽に森林浴も楽しめます。

またこれからの季節は紅葉でいっそう美しい様子。このあたりの紅葉の見頃は、例年10月中下旬なので、湯めぐり&紅葉狩りにもおすすめです。





■旅のプロがすすめる関連記事
福島・中通りから南会津(1) 磐梯吾妻スカイラインの紅葉はもうすぐ!
福島・中通りから南会津(2) こけしの里土湯温泉とはるみや旅館
posted by シマウマ-クラブ at 16:21| 福島のおすすめ

2013年09月23日

福島・中通りから南会津(2) こけしの里土湯温泉とはるみや旅館

荒川の渓谷沿いに宿が建ち並ぶ土湯温泉。福島市街から磐梯吾妻スカイライン利用で所要2時間のところ、国道115号経由なら30分ほどで到着。ドライブするなら圧倒的にスカイラインを行くべきですが、時間の都合上ショートカット。まあ明日はスカイラインさわりの土湯峠に行くので。

ということで、まずは土湯温泉街をぐるり。開湯の歴史は古く、一説には神代ともいわれますが、伝承によれば湯の発見は、聖徳太子の父、用明天皇の回復祈願と仏教布教のため、聖徳太子の側近、秦氏一族の秦河勝(はたのかわかつ)が東国に遣わされた頃とか。それで高台に太子堂があるわけです。

観光協会の近くには、町のシンボルである巨大こけしの他、地元では「三段の滝」として親しまれる土木産業遺産で、国の登録有形文化財・東鴉川第1堰堤(ひがしからすがわだいいちえんてい)などもあり、小さな温泉街ではありますが、湯上がりの散策にもぴったりです。

土湯温泉街.jpg

東鴉川第1堰堤.jpg

土湯温泉街(上)と東鴉川第1堰堤(下)


源泉は4本の井戸から混合泉を配湯していましたが、震災の影響で現在2本が休止中。無料で入浴できる4ヶ所の足湯が点在し、中心部には昔ながらの共同浴場「中の湯」もあります。

温泉街を歩いていると、まだ随所に震災の爪痕が残り、大型旅館に関しては震災後5軒が廃業。それを浜通りから移転した旅館などが再生したりと、徐々に回復に向かいつつあります。

また復興再生の一環として、2013年9月6日から10月14日まで、国内外30組以上のアーチストが参加する「土湯アラフドアートアニュアル」と題した芸術祭を開催。土湯温泉町の各所でさまざまな作品展示、土湯こけしの工人に弟子入りできる体験イベント「こけし開き!」などが実施され、注目を集めています。

はるみや旅館1階露天.jpg

はるみや旅館料理.jpg

はるみや旅館屋上露天.jpg


上の写真は、宿泊したはるみや旅館ですが、こちらは2年目あたりから震災前の水準に戻り始め、現在はそれ以上に県外からの客足がのびているとのこと。どこも一様というわけではないようです。

2ヶ所ある荒川沿いの渓流露天風呂はいずれも貸切で、料理も川俣シャモや福島産の馬刺、イワナの塩焼き、あけびなど地場の山の幸に工夫を凝らし、量もサービスも過不足ないところが好印象でした。

旅のプロがすすめる宿「はるみや旅館
一休.comで予約をするならコチラ
楽天トラベルで予約をするならコチラ
icon
Yahoo!トラベルで予約するならコチラ
じゃらんnetで予約をするならコチラ
icon





■旅のプロがすすめる関連記事
福島・中通りから南会津(1) 磐梯吾妻スカイラインの紅葉はもうすぐ!
posted by シマウマ-クラブ at 17:56| 福島のおすすめ

2013年09月22日

福島・中通りから南会津(1) 磐梯吾妻スカイラインの紅葉はもうすぐ!

磐梯吾妻スカイラインへの道.jpg


若冲展」があった福島市街から宿泊地、土湯温泉へのドライブ。本来ならば、「日本の道100選」にも選ばれた絶景コース「磐梯吾妻スカイライン」を利用するのが、王道中の王道。しかし思わぬ待ち時間の長さから、このルートを泣く泣くあきらめ、土湯温泉に直行。

こんなピーカンなのだから、さぞかしスカイライン日和のはず。ということで、今回行きそびれた磐梯吾妻スカイライン吾妻小富士をご紹介(写真は以前GWに行った時のものなので、残雪がありますが(¨;)

吾妻(あづま)山麓を南北に走る全長29kmの磐梯吾妻スカイライン。平均標高1350mという山岳ルートで、ヘアピンカーブが連続、その名の通り爽快なドライブが楽しめますが、絶好の紅葉ルートでもあります。

実は2013年9月20日(金曜)現在、浄土平周辺ではもう山が色づき始めております!! ちなみに紅葉の見頃は、標高1600mの浄土平がいちばん早く、例年9月下旬から10月上旬。ここより標高が低い沿道では、10月上旬から下旬にずれ込む模様。
 
磐梯吾妻スカイラインへ天狗の庭.jpg

高湯温泉おすすめの宿
安達屋旅館を楽天トラベルで予約するならコチラ
icon
安達屋旅館をYahoo!トラベルで予約するならコチラ
安達屋旅館をじゃらんnetで予約するならコチラ
icon

高湯温泉側から入ると、途中には不動沢橋が架かる「つばくろ谷」や「天狗の庭」などと名付けられたビューポイント「吾妻八景」がお出迎え。

中間地点の平坦地・浄土平は、コース最大の見どころ。大型の駐車場(2013年は無料化)をはじめ、レストハウスやトイレ、ビジターセンターも完備。ここを起点に、吾妻小富士一切経山鎌沼などをめぐる自然散策路も整備されており、休憩ポイントとしてだけでなく、トレッキング愛好者にも人気。

なかでも最も手軽なのが、吾妻小富士(下の写真)へのミニミニ登山。標高1707mの立派なコニーデ型火山ながら、駐車場のある浄土平がすでに標高1600mなので、ここからわずか10分で火口壁に到達可能です。

浄土平吾妻小富士登山口.jpg

吾妻小富士火口.jpg


また吾妻小富士とはスカイラインを隔てた対岸にある、鎌沼を一周するコースは、よく整備された木道を歩き(ただし10月中旬まで一部修復中)、所要2時間。ビジターセンター隣接の最も手軽な浄土平湿原コースなら、所要20分。

ちなみに浄土平から修験の地、一切経山(いっさいきょうざん、標高1948.8m)までは、所要1時間20分。「魔女の瞳」と呼ばれるコバルトブルーの火口湖・五色沼を眺める絶景ポイントで、荒涼たる火山風景のなかに、湿原植物や高山植物の咲く不思議な光景を目にします。

ただし一切経山は現役の火山。登山する場合は、火山性ガスの影響など直近の情報を得るため、事前に浄土平ビジターセンターに立ち寄りを。

※磐梯吾妻スカイラインは、2013年11月16日から翌4月中旬まで冬期閉鎖。ちなみに2013年7月25日には、磐梯吾妻国立公園にある3つの有料道路(「磐梯吾妻スカイライン」、「磐梯山ゴールドライン」、「磐梯吾妻レークライン」)の恒久的無料開放が決定!!





posted by シマウマ-クラブ at 00:00| 福島のおすすめ

2013年09月21日

福島県立美術館『若冲が来てくれました』残り3日!

伊藤若冲プライスコレクション.jpg


東日本大震災復興支援の特別展として、宮城、岩手、福島の東北3県を巡回したジョー・プライス氏のコレクション 江戸絵画の美と生命『若冲が来てくれました』福島県立美術館にて、2013年9月23日(月曜・祝日)を最終日に終了。

これが東北最後の巡回とあって、多くの人出!! 駐車場に入るのもひと苦労だから、のほほんと車で行くのはよした方がいい、と直前のブログを見て判断。これ見なかったら危なかったわ。とはいえチケットを購入するのもご覧の行列。タクシーの運ちゃんいわく「県立美術館始まって以来の人出」。なめちゃあきまへん。

福島県立美術館.jpg

福島県立美術館伊藤若冲展.jpg

福島県立美術館庭.jpg


気温が下がってきたとはいえ、ずっと立ちっぱなしも大変なので、交替要員がいる方は、休憩を交替で取りながら並んだ方がいいですよ(前庭にある芝生の日陰で休憩。水も要携帯)。

しかしこんなに掛軸を見た経験がないので感心しきり。最初は表装の方ばかりに目がいっていたという(^_^; 伊藤若冲(じゃくちゅう)というと、朱色や彩色に目を奪われていたけど、墨の濃淡でこれだけ多種多様な表現方法があるということに改めて脱帽。「葡萄図」はやっぱりすごい。引き算ができないと日本画はムリかー。酒井抱一(ほういつ)の花鳥図、一幅でいいから欲しい。

筋目描きは少し距離を置いて観賞したかったけれども、若冲コーナーはさすがに人が引く気配なく、なかなか困難。もう1回見たかったけど、時間がないので1巡しかできなかった(;_;)

旅のプロがすすめる宿は「グランパークホテルエクセル福島恵比寿」
楽天トラベルで予約をするならコチラ
icon

じゃらんnetで予約をするならコチラ
icon

一休.comで予約をするならコチラ



posted by シマウマ-クラブ at 10:26| 福島のおすすめ

2013年04月17日

お花見情報(21) 福島・会津若松『八重の桜』の石部桜&鶴ヶ城の桜

現在放送中のNHK大河ドラマ『八重の桜』。そのオープニングに登場するのが石部桜。『八重の桜』の主人公、綾瀬はるか演じる山本八重の出身地、会津若松に咲く一本桜の巨樹で、樹齢600年と推定されるエドヒガンです。

会津には「会津五桜」(石部桜・薄墨桜・虎の尾桜・大鹿桜・杉の糸桜)と称する5本の名桜がありますが、最初に花を咲かせるのがこの石部桜。もともと地元では名の知れた存在ですが、今年の大河ドラマで一気に全国区。混雑必死の様相です。2013年は4月14日(日曜)に開花し、地元では今週末から来週初めにかけてが見頃と予想。

観桜期には市民ふれあいスポーツ広場に臨時駐車場を設けるほか、無料シャトルバスも運行。4月5日(金曜)から5月10日(金曜)には、市民ふれあいスポーツ広場から石部桜付近、4月21日(日曜)には、会津大学駐車場から市民ふれあいスポーツ広場間も運行されます。ただし、運行時期は桜の開花状況により変更あり。

石部桜.jpg

大河ドラマ『八重の桜』のオープニングに登場の石部桜。会津若松駅の東2kmほどの堂ヶ作山山麓の田園地帯にあり、1666(寛文6)年編纂の『会津風土記』にも載るほど、歴史ある名木。中世に会津を領有した葦名氏の重臣、石部治部大輔の庭にあった桜のため石部桜と呼ばれている。ちなみに『福島県内一本桜番付表』では石部の桜として東の関脇

一方、『八重の桜』ゆかりの会津若松・鶴ヶ城では、4月16日(火曜)に開花したソメイヨシノに続き、例年4月末には八重桜も見頃となる予定。2013年4月12日(金曜)から5月6日(月曜・祝日)までは、鶴ヶ城公園でライトアップも実施。4月19日(金曜)・20日(土曜)・27日(土曜)・28日(日曜)の18:00〜21:00(入場締切りは20:30)には、復元された天守閣の夜間登閣も可能です。






鶴ヶ城天守閣ではこのほか、2013年4月12日(金曜)から9月30日(月曜)まで、ロングランの企画展『〜幕末特集〜会津人 戊辰戦争のまえとあと』も実施。紹介は、松平容保・松平善徳・西郷頼母・佐川官兵衛・山川浩・山川健次郎・飯沼貞吉・郡長正・秋月悌次郎・山本覚馬などで、会期を区切って資料の入れ替えを行なう予定。

また4月18日(木曜)から5月6日(月曜・祝日)までは、場内に物産販売のブースも出店。4月20日(土曜)には「鶴ヶ城さくら祭り」と称し、神輿が出ます。城の東南に位置するささやきが丘という場所で18:30から20:00行なわれ、夜のお神輿が楽しめます。

ちなみに鶴ヶ城周辺では、4月13日(土曜)から5月6日(月曜・祝日)までの土・日曜、祝日に、交通規制を実施。会津大学駐車場から鶴城小学校前間に無料シャトルバスも運行されます。

鶴ヶ城の桜.jpg

戊辰(ぼしん)戦争の籠城戦を戦った名城・鶴ヶ城。明治7年に城内の建造物は大半が処分となり、本丸「御三階」のみ阿弥陀寺に移された。現在の天守閣は昭和40年に復元されたもの。桜の名所として知られ、春には天守閣が桜に埋もれるほど

旅のプロがすすめる宿は
会津東山温泉くつろぎ宿千代滝
楽天トラベルで予約をするならこちら
icon
じゃらんnetで予約をするならこちら
icon
Yahoo!トラベルで予約をするならこちら

会津東山温泉くつろぎ宿新滝
楽天トラベルで予約をするならこちら
icon
じゃらんnetで予約をするならこちら
icon
Yahoo!トラベルで予約をするならこちら

会津東山温泉御宿東鳳
楽天トラベルで予約をするならこちら
icon
じゃらんnetで予約をするならこちら
Yahoo!トラベルで予約をするならこちら

会津若松ワシントンホテル
楽天トラベルで予約をするならこちら
icon
じゃらんnetで予約をするならこちら
icon
Yahoo!トラベルで予約をするならこちら




■旅のプロがすすめる関連記事
お花見情報(15) 福島県三春町・三春滝桜&二本松市・合戦場のしだれ桜
お花見情報(18) 福島県二本松市・新殿神社の石割桜&福田寺の糸桜と道の駅 さくらの郷
お花見情報(19) 福島県郡山市の紅枝垂地蔵ザクラ&上石の不動桜が開花
posted by シマウマ-クラブ at 15:05| 福島のおすすめ